トップ / インプラントで食事を

インプラントで食事を

インプラントで楽に

解剖学

インプラント治療で食を楽しめる

歯の状態が良くない時や高齢になった時に、抜歯をして再びインプラントの治療を行って食事を楽しむ人が増えています。歯が無くなった時には不便さを感じたとしても、総入れ歯にすると食べ物を噛む力が弱くなります。健康な状態の歯であれば、40キロ以上の力で食べ物を噛み砕きます。人工の歯を入れ込む治療を行う事によって、健全に咀嚼の機能が回復する事につながって、違和感を感じないで少々硬い肉でも美味しく味わえる事がメリットです。

信頼できる歯科とインプラント

安心して安全なインプラント治療を受けるには、信頼できる歯科医師を選ぶ事が重要です。症例数や出身大学、肩書きなどの情報だけよりも、患者さんの話に心から耳を傾けてくれて、患者さんの気持ちや考えを受け入れてくれる歯科医はコミュニケーションも取りやすく信頼関係も深くなります。自然に噛めて快適な食生活を送る喜びや、人前で笑える喜びを信頼できる歯科医のインプラント治療で叶え、長期にわたって支障無く機能させたいものです。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて覚えよう. All rights reserved.