トップ / 総入れ歯よりインプラント

総入れ歯よりインプラント

インプラントの魅力

解剖学

歯が一本も無くても行えるインプラント

インプラントと言えば限られた数本を施術するという事が一般的ですが、昨今では全ての歯を失った場合でも治療を受けることができます。実は、歯周病や事故そしてむし歯などで歯を全て失うという事は珍しくないのです。従来は総入れ歯しか対策法は存在しなかったのですが、昨今の医療進歩により一本も残っていない場合でもインプラントで治療を行うことが可能になりました。しかも、肉体的にも金銭的にも負担が軽いというメリットがあります。

入れ歯を選ぶメリット

自分の歯を失ってしまった場合、インプラントなど様々な方法で歯を補うことができますが、入れ歯にはたくさんのメリットがあります。まず、広範囲の欠損に有効という点です。広い範囲でもカバーできますので、失った歯が多くある場合には効率的です。また、残っている歯を傷つけずに済むという点も大きなメリットです。治療方法によっては、残っている元気な歯を削らなくてはなりませんが、入れ歯であればそのようなことはありません。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて覚えよう. All rights reserved.