トップ / インプラント術後の口臭

インプラント術後の口臭

インプラント術後の

解剖学

インプラントと臭いの原因

治療後に臭いが気になるという人はいます。臭いの原因としては三つのことが挙げられます。まず一つ目は清掃の問題です。人工歯の場合、インプラント体の間には段差もあり、歯垢が溜まりやすく、その部分の歯垢をブラッシングなどで取りきれないでいると、細菌が増殖し口臭となるガスが発生します。二つめは構造の問題です。各核構造はねじやセメントで固定していますが、それらに破損や緩みが生じ隙間ができてしまい、そこから細菌が繁殖し口臭が発生する事があります。三つ目はインプラント周囲炎です。人工歯を入れた部分で炎症が発生し歯茎の腫れや出血、膿が出てきて、口臭となります。

なぜか口から臭いにおいが

歯科治療を完了してすっきりさっぱりしたはずなのに、やがて口から悪臭がしてきて悩んでいるという話をよく聞きます。インプラント周囲炎をご存知ですか?新しい歯を入れた安心感からか口腔ケアを怠りがちになると、もともとの歯を失っているほどの磨きにくい場所である等の事情から、ふたたび歯周病の症状が起こり始めます。ただし、健康な歯のときと同じく予防やメンテナンスで大部分が防ぐことができます。せっかくインプラントを装着したのですから、一から始めるつもりでお口の健康にいそしんでみてはいかがでしょう。口から漂うのは、臭いにおいより爽やかな香りのほうがいいですものね。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて覚えよう. All rights reserved.