トップ / インプラントで欠損治療

インプラントで欠損治療

インプラント選択で

解剖学

歯の欠損治療インプラント

歯を失ってしまった時の治療法として、昔は「入れ歯」「ブリッジ」がおもな治療法でしたが、第3の選択肢として「インプラント」を選ぶ患者さんも増えてきました。見た目と機能性で大きなメリットがある治療ですが、もちろんデメリットなどもよく知ったうえで、この治療法を選択するか決めなければいけません。すこしでも不明な点があるのであれば、歯科医に充分説明を受けることが必要です。最近ではインプラント技術も進歩し、以前より施術時間も短くて済むようになってきています。

デンタルインプラントとは?

体の中に埋め込む医療機器はすべてインプラントと呼ばれ、心臓のペースメーカーや人工関節も含まれます。歯科では歯がない部分のあごの骨に埋められ、その上に義歯をつけるという方法で行われ、デンタルインプラントと呼ばれています。これは、虫歯や歯槽膿漏などで歯を抜いた人や、事故などで数本歯を失ってしまった人、生えてこない歯がある人などに使われますが、高額のため、別の治療方法で代替できる場合もあります。とはいえ、ケースによっては最善の治療方法になりますので、経験実績の高い歯科医に相談するのがベストです。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて覚えよう. All rights reserved.