トップ / インプラントの治療実績

インプラントの治療実績

丈夫なインプラント

解剖学

インプラントで硬い物も噛める

インプラントと言うと、歯並びなどを美しくする治療のイメージが強いですが、元々は自分の歯を失った人でも、入れ歯では無く、再び自分の歯で噛む事ができるようになる治療方です。入れ歯とは違い、毎日の手入れも本来の歯のように簡単ですし、硬い物でも安心して噛む事ができるのがインプラントの特徴です。以前は、高額な上に、人工的な歯が不自然に見えてしまう場合もありましたが、技術の進歩により、自然で美しい歯を入れる事が可能になりました。

失った歯はインプラントで

歯周病や虫歯、事故などによって歯を根元から失ってしまった場合には、入れ歯やブリッジなどを作るというのが一般的でした。しかし、近年ではインプラントも多く利用されるようになりました。入れ歯など取り外しのできるものは必要な時に装着するだけで手軽ですが、手入れの手間や他の歯に負担を与えるなどのデメリットがあります。しかし、インプラントなら自分の歯であるかのようにあごの骨に埋め込んでしまうので、快適な食生活を送ることができます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントについて覚えよう. All rights reserved.